デイケア・ナイトケア

分野病院トップ > デイケア・ナイトケア > 治療訓練型デイケア

治療訓練型型デイケア

精神科・神経内科・もの忘れ外来 分野病院

治療訓練型デイケアの目的

・生活リズムを作り、体力・精神力をつけていきます。
・社会生活と職業生活の対処技能を高めます。
・“病気”とつきあう方法を学び、再発を防止します。

このページのトップへ

治療訓練型デイケアの特徴

集団生活・社会生活のルールに重きをおくデイケアです。
病気や薬、利用できる制度や社会資源の勉強をします。
ステップアップとして作業所・福祉就業・一般就業・学校に移行します。
治療訓練型デイケア ミーティング

▲治療訓練型デイケア ミーティング

このページのトップへ

プログラム

 
9:00 自己体調チェック・スタッフ提出
ミーティング・ラジオ体操
10:00 週明け
ミーティング
サークル
活動
グループ
ワーク
サークル
活動
グループ
ワーク
茶話会
11:30 休憩・準備・昼食・後片付け
13:30 創作活動
・IT講習
スポーツ 自由時間 SST・
就業準備
訓練
自主活動 自由時間
15:00 ミーティング・自己振り返り・スタッフ提出・掃除・振り返り

このページのトップへ

就業支援

「働きたい」と願う人の、気持ちを応援します。
同じ病気や障害を持ちながらも明るくがんばる仲間がいます。

・職場の対人関係に悩まされた
・働いた経験がないので不安
・仕事が長続きしない
・長いブランクで自信がもてない

その不安の一つ一つは仲間がそれぞれ経験してきたこと経験のない人でもいろいろな話が聞けます。まずは仲間作りからはじめてみませんか?

Aさん(36歳 男性) - 新規就労を目指す -

過去幾度となく一般就業やアルバイトを目指してきたAさん。以前は一年以上継続することが できていましたが、病状の変化や職場の環境によって就業生活はいつも不安定な状態が続いていました。
職業的なブランクが2年に達した頃、Aさんは精神保健福祉手帳を取得しさまざまな就業援助・制度を利用した就労を決意。デイケアスタッフはもちろんのこと、地域障害者職業センターやハローワーク、ジョブコーチなど様々な機関の支援を受けながら、気がつけば就業期間は2年を過ぎていました。

Bさん(22歳 女性) - 就労訓練を通じて -

高校時代に初めての入院を経験したBさん。その後は病状の安定に努め、デイケアに通う日々が続きました。たくさんの仲間に出会い充実した日々を過ごす中でBさんはだんだんと不安と焦りを感じ始めます。
それは経済的なものから来るものでした。しかし全くの職業経験を持たないBさんにとって就労は未知の世界。スタッフとの相談の末、就業準備訓練に参加しました。
同じ目的を持った仲間と出会い様々な経験や情報を共有する中でBさんの不安は少しずつ解消されていきました。
現在Bさんは近隣の中小企業で数人の仲間とともにグループ雇用され、少しずつ自信をつけはじめています。

Cさん(28歳 女性) - 新たな道で…。 -

以前は中堅企業で事務職として働いていたCさん。
約1年半(2回目)の入院治療を終えて復職を目指しましたが約2ヶ月で離職。
デイケアに通いながら新たな道を模索していたCさんが出逢ったのが地域でのボランティア活動でした。
最初は戸惑うことも多く不安もありましたが、家族やデイケアメンバー、職員に支えられながら気がつけば8ヶ月が過ぎていました。
ボランティア仲間や相手の喜ぶ顔を見ているうちに一念発起したCさんはヘルパー講習を受講しました。現在はホームヘルパーとして同じ悩みを持つ人たちの生活を支える立場となり、責任とやりがいを感じています。

デイケア・ナイトケア諸規定

お申し込み方法

お申し込みは分野病院受付にてお願いします。 その後面接・体験を経てメンバー登録をしていただきます。 尚、定員に限りがありますので、場合によっては定員枠が空くのを待っていただくことがあります。

費用(医療費)について

デイケア・ナイトケア費用に関しては各種保険が適用されます。
自立支援医療制度を利用されると自己負担額が減額されます。受付にご相談ください。
レクリエーション活動やその他の活動に必要な費用のうち一部は自己負担をお願いする場合があります。

準備するもの

上靴(サンダルやスリッパは不可)、コップ

服装

動きやすい服装。スポーツ時、戸外に出ることがあります。運動靴をご用意ください。

注意事項
欠席、遅刻する場合は午前9:00~9:30(ナイトケアの場合は3:30~4:00)までの間にスタッフまでご連絡ください。連絡なく欠席が続きますと、登録を取り消されることがあります。
デイケア活動中の事故防止に関しましては万全の注意を払っておりますが、念のためデイケア施設賠償保険に加入しております。
保険外の事故については保証を負いかねますのでご了承ください。
デイケア内の政治、宗教活動、文書配布、賭博行為、飲酒、金銭の貸し借りは禁じられております。
スタッフの指示を守らなかったりルール違反が続くと通所をお断りすることがあります。

このページのトップへ

分野病院へのお問合せ

分野病院

〒534-0024
大阪市都島区東野田町5-3-33
TEL : 06-6351-0002(代表)
FAX : 06-6357-0040

ワケノ・クリニック

〒534-0024
大阪市都島区東野田町5-5-1
分野・正真会ビル 3・4階
TEL : 06-6357-0007

このページのトップへ