重度認知症患者デイケア

分野病院トップ > 重度認知症患者デイケア

重度認知症患者デイケア 楓

重度認知症患者デイケア 楓

精神科・神経内科・もの忘れ外来 分野病院

重度認知症患者デイケアとは?

自宅で一日を過ごされている方。「自分のことは自分でできる。でも・・・・物忘れがひどくなった気がする。怒りっぽくなったような?」と感じる方から、幻覚、妄想の認知症症状のある方々までたくさんの方がご利用になれる場所です。
みなさんの食事、排泄、更衣動作などの生活機能の回復や軽減を行います。
ご本人だけでなく、自宅で介護する方とも連携を密に取りながらご家族の介護の低減にも努めてまいります。

このページのトップへ

重度認知症患者デイケア“楓”での取り組み

大阪の中心地にありながらも、ビルのテラスから眺める景色とのんびりとした環境で利用者さまが快適に過ごしながら楽しんで行うリハビリや地域の認知症ケアに貢献できる施設作りを目指して行きたいと考えています。

このページのトップへ

重度認知症患者デイケア“楓”の特徴

看護師が健康状態に配慮しながら介護を行い、作業療法士や精神保健福祉士を中心に、園芸や料理等さまざまな活動をご用意して、その方が意欲的にその人らしく過ごしていただきます。
また、温熱療法や脳の学習などの認知機能へのアプローチ、食事や排泄、入浴動作につながるプログラムなど、生活に密着したケアを行っていきます。
1日100円程度あれば本格的なコーヒーなどを味わいながらのくつろぐに空間も楓の魅力です。

重度認知症デイケア 楓

このページのトップへ

プログラム

8:30 受付
※送迎が必要な方は、ご相談のうえで検討してお迎えに参ります。
9:30 健康チェック、お茶会、朝の挨拶
10:30 レクリエーション
公園までの散歩や高齢に伴う腰痛、肩こりなどの体操。集団で楽しみながらのレクリエーションを通して、身体機能の低下を防ぐプログラムを行っています。予約制で本格的なマッサージを受けることもできます。
12:00 昼食
利用される方の身体の状況に合わせた食事を用意いたします。
13:30 リハビリテーション
楽しく体を動かしたり、カラオケやのんびりと映画鑑賞をおこなったりする集団プログラムや革細工、園芸、料理、陶芸からぬり絵や絵画など、個人的にでもやってみたい活動から、脳の学習プログラムなど個別でのプログラムも提供しております。
15:00 送迎(お見送り)

このページのトップへ

デイケア利用までの流れ

デイケア利用までの流れ

このページのトップへ

費用について

“楓”では、医療保険が適用されます。また、自立支援医療制度を利用されると公費でデイケアの負担が軽減されます。すでに自立支援医療を受けている方でもデイケアは利用できます。
詳しい負担費用はお気軽にお問い合わせください。
レクリエーション活動やその他の活動、お茶やおやつ代に必要な費用のうち、自己負担をお願いすることがあります。

このページのトップへ

準備するもの

失禁などを心配されるかたは、紙オムツやパットをお預かりします。

利用者さんからの声

・1日にメリハリができて健康的に過ごしています。
・バランスのとれた昼食を美味しくいただいています。食費も、ういて助かっています。
・初めは心配でしたが、話し相手もできて嬉しいです。

利用者さんからの声

このページのトップへ

お問合せ