ワーキングデイケア

分野病院トップ > ワーキングデイケア ドリーム

ワーキングデイケア ドリーム

うつ病リワーク支援について

ワーキングデイケアでは、うつ病など心の病気になり、今まで勤めていた会社を休職してしまった方に向けて復職支援(リワーク支援)を行っています。
プログラムを進めていく中で、スタッフが作業内容を見て、復職準備性評価表をもって評価します。
項目例としては以下のものです。

・生活習慣(生活リズム、整容、出席率など)
・作業能力(持続力、集中力、正確さなど)
・コミュニケーション能力(挨拶、他者交流、協調性、役割行動など)

その点数が一定レベルをクリアしていること(再発防止のためのセルフケア能力が向上し、症状が再発する前に対処行動ができる状態)が復職の目安となります。
復職に向けての回復度(復職準備性)を高め、産業医や会社担当者と話し合い、職場復帰への支援を行います。

「うつ病リワーク支援」の利用期間

ご利用の期間は、おおよそ3~6か月を目安としています。
面談を行い、期間については個人差により前後します。

対象となる人

企業・官公庁等に在籍されていて休職中の方
※医療機関に入院中の方は、見学のみとさせていただきます。

リワーク支援の流れ
第1ステップ
見学の申し込み、施設内の見学・説明。見学後、利用を希望去れる場合は、現在、通院している主治医の紹介状を取得し、当院リワーク担当医の初診
第2ステップ
初回面接(インテーク)、リワーク支援の説明、プラン作成、利用開始。
第3ステップ
作業時間・作業内容を増やして、心身ともに負荷をかけていく。
第4ステップ
リワーク支援終了。復職準備性評価表の作成、主治医の意見書など。

職場復帰

第5ステップ
職場復帰後の定着支援(2週間に一度の振り返りを行います。)
3ヶ月(*12回の振り返り)が経過すると、リワークグループ終了です。

このページのトップへ

ワーキングデイケアとは?

ワーキングデイケアでは、うつ病や統合失調症などの心の病気になり、今まで勤めていた会社を休職してしまった方や、これか就業に向けて訓練をしていきたい方へ、復職・就労に向けて特化した支援プログラムを行っています。

「症状が改善していること」と、「仕事ができるようになる」ということは必ずしも同じではありません。 一定に負荷をかけても、症状が悪化することなく、負荷に耐えられれば、その負荷に対しての病状の回復度は良好と判断できます。ワーキングデイケアでは病状の回復度合い(復職準備性)を確認し、改善するためのプログラムと再発予防に重点に置いています。
ワーキングデイケアは「参加する皆さんで職場を創り上げ、運営していくデイケアです。

利用対象者:復職を目指す方(「リワーク支援について」を参照)
         求職中で就職を目指す方
         就労目標・意欲のある方
        ※医療機関に入院中の方は、見学のみとさせていただきます。

このページのトップへ

ワーキングデイケアのプログラムは?

プログラム例
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9:00

9:15
朝礼 連絡事項 体操
9:15

12:00
業務時間(オフィスワーク・軽作業・接客立ち仕事など)
12:00

13:00
昼食 休憩
13:00

14:00
自己学習 予備日
14:00

16:00
各種プログラム・業務時間
16:00

17:30
ミーティング・衛生業務・終礼
17:30
自由時間・夕食(希望の方)
  • ※トイレ休憩は各自でお願いします。
  • ※休憩は午前・午後に各10分決まった時間にとっていただきます。。
日常業務とプログラム
部門別業務
ワーキングデイケア

オフィスワークでは、ワードやエクセルを使って資料、パンフレットの作成を行います。また、企画・会議・会計収支補助・調査報告など職場での事務作業に活かせるような課題に取り組みます。

オフィスワーク以外では、軽作業や立ち仕事といった業務があります。

イベントなどで利用する小物の作成や、デイケアで使用する物品作成や修理、レシピ作りなどを通じて、計画を立てて実行する能力・思考力・集中力の向上を身に着けます。

また、模擬喫茶場面では、体力の向上や協同場面練習、対人技能の向上に取り組みます。

プログラム例
心理教育

自身の症状を改善・維持していく上で、自身の症状の特徴や「就職・復職してからどのように仕事と生活のバランスを取ればよいか?」など必要な情報を提供します。
メンバー同士で体験などを話し合うことで、自身にも応用できるようになります。



アサーションSST
ワーキングデイケア

「良い意味」での自己主張が必要となる場面が出てきます。
「今日は体調が良くないんです」や「その仕事は自分には難しいです」など仕事の量の調節や同僚に対しての上手な断り方を練習し、コミュニケーション能力の向上を目指します。

心身ケア
ワーキングデイケア

外出してウォーキングや花見をしたり、室内で運動やゲームをしたり気分転換、心身のリフレッシュを目的に行います。

認知行動療法・心理テスト

認知行動療法では、考え方のクセを明らかにし、気分が楽になる別の考え方を検討します。また、自分の目標を明らかにし、行動パターンを見直します。メンバー同士で体験などを話し合うことで、自身にも応用していく練習を行います。
少しずつ自分の目標に沿って考え方や行動を積み重ね、自己コントロールを目指すプログラムです。

【認知行動療法の流れ】 
コース 回数 目的 内容
ステップ 1回 導入 心理教育 うつ病について理解し目標をたてる
グループセミナーについて理解する
2回 第1期
自己理解
認知行動療法を体験する。
3回 気分と思考の関係に気づく
4回 気分と思考を観察する。
5回 第2期 
思考の再検討
思考を再検討する。
6回 気持ちが楽になる思考を見つける。
7回 成功と失敗を分析する。
8~10回 第3期 総括 苦手場面の練習/再発予防/まとめ

※参考文献 鈴木伸一 岡本泰昌 松永美希
「うつ病の集団認知行動療法 実践マニュアル」日本評論社(2011)

【ストレスケアの流れ】 
コース 回数 目的 内容
基礎 1回 自己理解をはかる 目標を立てる
2回 考え方の再検討 考え方の修正
3回 信念に気付く
4回 悪循環から抜け出す
5回 今後につなげる 自分を受け入れる
6回 目標を行動にする
7回 行動を起こす
8回 振り返り

※参考文献 中島美鈴
「私らしさよ、こんにちは」星和書店(2009)
「自信がもてないあなたのための8つの認知行動療法レッスン」星和書店(2010)



【心理テストについて】
リワーク開始後に2種類の心理テストを受けていただき、性格の特徴や行動パターン、現在の気分を確認します。
特長や課題、改善点を振り返りながら、リワークの中でどのような点に着目してリハビリを行っていくかを明確化していきます。また、周囲とのコミュニケーションスタイルを見直し、自己洞察を行っていくきっかけとしても利用できます。
ワーキングデイケア卒業時に再度心理テストを受け、初期との差を見ていただくことができます。利用料は別途必要になります。(各種保険適応可)


このページのトップへ

ワーキングデイケア利用にあたって

ワーキングデイケアの利用には、以下の5つが必要となります。。

  1. 1.決められた日数に通うことができる。
  2. 2.定められたルールの中で、場所的・時間的な拘束の中でも日常活動ができる。
  3. 3.一定のノルマがある作業プログラムをこなすことができる。
  4. 4.病気のコントロールができる。
  5. 5当院の利用規約に同意した上でリハビリを受けることができる。

また、ワーキングデイケアの利用の流れは、就労支援の方も「リワーク支援の流れ」にのっとって行っていきます。

このページのトップへ

ワーキングデイケアの特色

ワーキングデイケアは模擬会社形式で行っています。プログラムで学んだ知識・対処法を実際の模擬業務場面で練習し、復職後・就職後に活かしていくことを目指します。
また、個別担当制をとっており、定期的に面談の中で業務場面や対人場面を通しての振り返りができます。



その他、以下の特色があります。

  • 京橋という利便性のよい場所に通うことで、通勤練習になります。
  • 週5日8時間働ける体力・集中力・生活リズムをつける訓練ができます。
  • オフィスワークだけでなく、接客によるコミュニケーション能力の向上、立ち仕事や軽作業の業務練習ができます。
  • スタッフと定期的に面談をし、利用のペースを相談できます。

このページのトップへ

費用・申し込み方法・利用のルール・注意事項

費用

ワーキングデイケアはデイケア利用となり、費用に関しては各種保険が適用されます。
詳しくは受付にご相談ください。 

 利用形態 社保・国保利用(3割)  自立支援医療(1割) 
 ショートケア
(半日)
¥1270  ¥420
 デイケア
9時~15時
¥2470  ¥820 
 デイナイトケア
9時~19時
¥3490  ¥1160 

昼食はデイケア料金に含まれています。

申し込み方法

①まずは、見学の予約をお取りください。施設内の見学・説明を受けていただきます。

②見学後、利用を希望される場合は、通院されている主治医に紹介状を依頼してください。

③紹介状のご用意ができましたら、再度ワケノ・クリニックまでご連絡ください。当院のリワーク担当医の診察の枠を取らせていただきます。

④リワーク担当医との診察後、リワークスタッフと面談を行い、利用開始となります。

*本利用の際、転院の必要はありませんが、主治医の許可が必要になります。


尚、定員に限りがありますので、場合によっては定員枠が空くのをお待ちしていただくことがございます。見学については随時受け付けています。

申し込みはワケノ・クリニックデイケアセンター(06-6357-0007)までご連絡ください。


ワーキングデイケア三つ折りパンフレットは以下よりご覧になることができます。


ワーキングデイケアパンフレット(三つ折り).pdf



ワケノ・クリニック こころのリハビリセンター(06-6357-0007)


※本利用の際、転院の必要はありませんが、主治医の許可が必要となります。
※医療機関に入院中の方は、見学のみとさせていただきます。


利用のルール・注意事項


  • ・遅刻、欠席される場合は、午前9:00までにご連絡ください。
  • ・政治、宗教活動、文書配布、賭博行為、飲酒、金銭の貸し借りは禁止です。
  • ・スタッフの指導を守らなかったり、ルール違反が続くと通所をお断りすることがあります。
  • ・個人情報を外部に漏らすことは厳禁です。つきましては同意書への署名をお願い致します。
  • ・その他、同意書での規則を遵守していただきますようにお願いいたします。


このページのトップへ

卒業生の声/企業の方へ

卒業生の声
         「リワークを振り返って」      軽作業の課を利用されたAさん

1 はじめに
私は小学校で勤務していましたが、2年ほど前に子供たちへの指導や保護者対応がうまくいかなかったことから、睡眠障害や気力低下、休日も楽しめないなどの症状が出始めました。うつ病と診断され、約半年間休職し、自宅療養をしていました。その後復帰しましたが、再びうつの症状が悪化し、2度目の休職を行うことになりました。

現在はワーキングデイケアでの様々な活動のお陰で、本来の自分を取り戻しつつあり、職場復帰の目処を立てることができました。これまでの経験をまとめさえていただくことで、同じ症状に悩む方にとって少しでも参考になれば幸いです。


2 通所にいたるまでの経緯
「なぜ休職しなければいけない状態になったのか」を考えた時に「一度目の休職期間はただ自宅で過ごし、ひたすら体を動かして鍛えていたものの、精神的、内面的なトレーニングは全く行わなかったことが一つの原因なのでは」との考えにたどり着きました。「気分も落ち着いたし、環境が変わればやっていけるだろう」とうつ病を軽く見ていたように思います。
 そこから職場復帰プログラムを行っている病院はないかを探していたところ、分野病院のことを知り、通所させていただくことになりました。

3 リワーク開始
ワーキングデイケアでは軽作業の課に配属になりました。初めは不安でしたが、同じ課の方々がとても親身に接してくださり、すぐに馴染むことができました。リワークを進める中で、自分と同じ境遇の方々と一緒に過ごせたことは非常に大きな経験になりました。「苦しんでいたのは自分だけじゃなかったんだ」と思うことで、不安や焦りが軽くなっていく感じがしました。

課の仕事として、他のデイケアの施設からの依頼業務もありました。特に印象に残ったものは「木製パズル」でした。木の板からノコギリで切り分けるところから始めたので、かなり大変でした。2週間ほどで完成した後、納品に行くと「すごい!感動!」と施設のスタッフ・利用者の方がとても喜んでくださりました。とても好評で、「ありがとう」と感謝の言葉もたくさんいただき、「1つじゃ足りひんわぁ」とまで言われるほどでした。自分が作ったものが、人を喜ばせている。うつ病になり休職し、自分を責めるばかりだった状態から、「自分も人の役に立てるんだ」と忘れていた自尊感情のような気持ちを思い出すことができるように思います。


4 認知行動療法(CBT)
リワークのプログラムの中で認知行動療法(CBT)に参加させていただきました。自分の中にある気持ちや、毎日の生活の中で起こる様々な状況での自分の反応などを整理し書きまとめ、その中で、次のような考え方の癖が浮き彫りになったように思います。

・悪い方の予測ばかりがエスカレートする。
・完璧でなかったらだめ。
・いやなことしか見えない考え。
・何でも自分のせいにする。

こうした考え方の癖を整理していく中で、新しいものの見方、柔軟な考え方ができるよトレーニングを続けました。「実際本当に自分が考えているほどの悪い状況になっているのか」という新し考えを持つことができるようになりました。休職した時から、ただひたすら自分を責めてばかりいた状態にストップがかかり、

・良い結果が出たこともある!
・7~8割でも良い結果につながるんじゃないか?
・100%いやなことで満たされているわけじゃないだろう!
・とりあえず深呼吸!顔を洗ってみよう!

という柔軟な考えを持てるようになりました。

CBTは、かゆいところに手が届くような感じでした。また、他の参加者の考えを聞くことで、自分自身の考えの幅も広がったように思います。今後も「自分の気持ちや考えを言葉にはっきり表してみる」ことを念頭に置き、自分の感情とうまく付き合っていきたいと思っています。


5 リワークを終えて
復職後の仕事は初めての業務内容で、いろいろ戸惑うことも多く、不安とと緊張の毎日を過ごしています。「先生方や子どもたちは、自分を受け入れてくれるのか」「ダメなんじゃないか」と考えてしまいそうになります。しかし、ワーキングデイケアの経験が、自分の背中を後押ししてくれているようで、「とりあえず、一日一日をやりきろう!」「周りの先生に頼ってみよう!」と踏ん張れている自分がいます。気負いすぎず、あまり先を見過ぎず、自分らしく一歩一歩進んで行こうと思っています。
 
 最後に、家から遠く電車で1時間半ほどかけての通所でしたが、ワーキングデイケアのスタッフの皆様、他の参加者の皆様のおかげで、本来の自分を思い出せたように感じます。この3か月弱の経験を糧に、人生楽しんでいきたいと思います。本当にありがとうございました。

              卒業にあたって   喫茶の課を利用されたBさん

私は、15年ほど前に会社と家庭でのストレスのためか、会社を休みがちになり、精神科を受診しました。薬物療法で若干の改善は、みられましたが、出勤できない状態が継続していました。周囲からは他に行く治療施設はない、これ以上の休暇は認められない、やる気がないなら退職するしかないと言われていました。朝起きることができず、突発的に休むなど出社できない日が継続し、毎年有給休暇を使いきって、欠勤が記録されていました。

3年ほど前、会社で大規模な組織変更があり、今の出勤状態では解雇されなかねないとのことで休職することになりました。不安定な睡眠を重点的に治療してもらい、睡眠リズムは改善してきましたが、毎朝決まった時間に起床するのは難しいままでした。休職をしてから2年近く経過しても復職のめどがたたないので、主治医と産業医からリワーク参加を提案され、分野病院のワーキングデイケアにリワークを行うことになりました。

リワーク当初は、模擬喫茶の課に所属することになり、あまり経験のなかった接客も体験しました。週2回、9時から15時までから始めて、少しずつ日にち、時間を増やしていきました。当初は3か月程度で卒業するつもりでしたが、やはりちょくちょく休んでしまうことがあり、思ったようにいきませんでした。しかし、心理教育、認知行動療法などのプログラムを受講し、少しずつ考え方のくせに気づいたり、ストレスに対応できるようになってきました。

業務の中でも数々の失敗もしましたが、そこからいろいろと学ぶことができました。参加開始から5か月ほど経過し、課のサブリーダーをさせていただくことになりました。頼りないサブリーダーだったと思いますが、メンバーのみなさんやスタッフのみなさんに協力していただいて、4か月ほど休まず継続することができました。

毎年春は花粉症で体調が悪かったのですが、今年はなぜか症状が軽くてすみました。
薬は昨年と同じなので不思議です。精神的なものが影響していたのかもしれません。心配していた花粉症の時期も休まず乗り越えることができたので、復職への自信を持つことができました。最後の1か月間は復職後に想定される業務に備えるため、オフィスワークの課で主にデスクワークを行い、椅子に座って集中する練習を行いました。

数か月の間、欠席なく通うことができたという実績を作ることができて、復職への道が見えてきました。リワークで他のメンバーのみなさんに声をかけていただいたり、協力していただいたり、スタッフのみなさんからのアドバイス、心理教育、認知行動療法、さまざまなプログラムのおかげでここまで回復することができました。これから会社へ戻っても、こちらで学んだことを思い出し再発することのないようにやっていきたいと思います。



             「卒業に際して」   オフィスワークの課を利用された Cさん

私は双極性障害を患い、過去に3度休職し今回の休職が4度目の休職でした。躁鬱症状が激しく、約1か月間精神科病院に入院しました。主治医から、退院後はリワークに通ってから復職するようにと診断を受け、分野病院のリワークに通うことに決めました。私自身、今回の復職に失敗したら、もう会社には残れないかもしれないという危機感を感じ、今回の休職をサラリーマン人生の最後にしたいと強く決意しました。まさに崖っぷちでした。

 リワークに関して、会社からは週5日・朝から夕方までの会社勤務の時間帯に適応できる体力と精神力を身につけるよう指示を受けました。最終的には、リワークのデイナイトケア(9時~17時半)を継続して参加できることを目標に、リワークに励もうと思いました。

最初は週2日のショートケア(9時~12時)からスタートしました。時間の負荷を徐々に増やしていこうと思いましたが、業務が重なったりした時には、体調を崩した事もあり、なかなか思うようにいかない時もありました。

当初、リワークでは軽作業の課に配属になりました。しかし作業内容がクリエイティブな要素のものだったため、気分が高揚するなど体調を崩してしまいました。そこで担当スタッフと相談し、オフィスワーク中心の課へ異動することになりました。

オフィスワークの課は、ワードやエクセルを使い、刊行物・書類作成などの作成を中心に行っており、ここなら大丈夫だろうと思いました。最初は右も左もわからない状態で、パソコン作業も久しぶりだったのでかなり焦りました。しかし、課の皆さんは優しく、色々教えていただき、数週間で課の業務に徐々に慣れることができました。数か月が経つ頃には、新人さんにレクチャーが出来る程になり、自分の成長を少し感じました。そして目標のデイナイトケアの週5日にたどり着き、更に課のリーダーにもなりました。

リーダー業務では皆のまとめ役として出来る限り積極的に動き、課がうまく進むように尽力しました。マネージメント業務も合わせて身につけることができ、凄く貴重な体験でした。そして、会社からのリワーク当初の最終目標に達したので、会社にリワーク修了の旨を伝え、会社との復職面談に臨みました。

リワーク中に体調を崩す日々もありました。しかし、そんな時はいつも、温かいスタッフ・課のメンバーのサポートを頂き乗り越えてきました。そして私は、どんな事があろうと、あきらめず、必ず復職するという強い信念を持っていました。卒業にあたって約9か月間にわたるリワーク期間、本当にスタッフの皆さま、メンバーの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

今度こそ、失敗することなく復職できると自信があります。そして、普通に働ける喜びを得たいと強く思います。リワークの経験を生かし、決して焦らず無理せず、進んでいこうと思います。
   


卒業生の声はリワークのオフィスワーク業務にて文集としてまとめています。ワーキングデイケアの内容や復職への道のりが具体的にわかりやすく記載されています。ワーキングデイケア見学時にはお渡し致します。

卒業文集第6版は下記より、PDFファイルでご覧になれます。

卒業文集第6版.pdf
  

企業の方へ

ワーキングデイケアでは、企業の方への見学説明を随時お受けしております。また、ご希望があれば、パンフレットを送付致します。お問い合わせは06-6357-0007大野まで。


このページのトップへ